一、役に立つ
一、必要とされる
一、癒しを与える

そんな、トイレのような人物が理想です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 載った〜 | main | スペイン料理は、におう。 >>
ばりばりゆうばり

ゆうばりの最高気温=きょうとの最低気温。。





昨年に引き続き、今年も北海道・夕張市で5日間のフィールドワークをしてきました!!

ご存じのとおり、夕張市は財政再建団体。
高齢化率(65歳以上が人口に占める割合)が日本一の市。
夕張の「超超高齢社会」は、まさに、日本の将来の縮図なんです。

つまり、かの「夕張夫妻」も、未来の「日本夫妻」のご先祖様というわけです!





地域医療に関してはもちろん、地域全体としての集落のあり方などの考察も深まって、2年連続で行って色んな人にお話を聞けて、ほんとによかったです★


昨年は社会調査の授業で行ったんですが、今年は、教授からうれしいお誘いを受け、3回生の助手という立場で。
しかも、旅立ち1ヶ月ぐらい前に急に決まる。。
さらに、院生ではないので調査費が支給されないっ
とゆわけで完全自費で調査に挑みました。
言うても、やっすい航空券をゲットし、会員料金でユースホステルに宿泊したことによって、7万円ちょいでなんとかおさまりました♪(たしかに経済的に痛いのは痛いけど)


今回うれしかったのは、去年お会いした人が私のことを覚えていて歓迎してくれたこと。
社会人になる来年は、「男を連れてこい」と言われました。
「いいかわるいか判断してやるから」だそうです。ってなんじゃそれ


それから、だれにでも声をかけられるところ。
人が外にいるのが珍しい(?)、そんな土地なので、人がいればとにかく話しかけてとにかく情報の収穫に徹する!
話しかけられて先手を打たれるとチョット悔しい。。
中学生ともやたらすぐ仲良くなれるのはなぜなのか。精神年齢いっしょかな。
少子化の進んだ少人数の学校教育における恋愛事情について考察を深める。
私の育った環境では考えられないことだらけ。。



例の中学生たち
「夕張夏祭り」で、今年も地元の老若男女と踊り狂いました
おかめのお面をかぶって、がんばりました。
真昼間からビール2杯を「味見」の名目でいただく。踊る頃にはふっらふらー。。


そしてさらに、お通じがよくなったこと。ww これは歴史的快挙です!
メロンを食べまくってたんですが、どうやら後に聞くところによるとすごい繊維質の食べ物らしく。
夕張の日以来、すごい快便なんです。1週間とかふつーに出ず負け続きだったのが、何年かぶりに連日連覇。
そしてその勢いはなおも続いている!




どこに行ってもみんなメロンくれる
地元の人はシーズンに2、3回しか食べないというのに。。



あと、夕張に花畑牧場ができたのでちょっと見てみましたが……正直、余命わずかかも。
新しいものができてはこわれ、できてはこわれ……非効率だけど夕張のバランスのとり方なのかもしれません。




ところで花畑牧場のキャラメルは、去年の同じ時期、新千歳空港では40分待ちの列ができていて数量限定でしたが、今年は1分で大量購入できます。
一気にレア感がなくなり、味にもちょい飽きてきた。。
けど、行くと高いけど買ってしまう、あると食べてしまう、ブランドという凄まじい魔力



さて!
明日から明石に泊まり込み、明後日はタコ釣りに船出です!
そのまま持ち帰って、刺身、天ぷら、酢の物、たこ焼き、たこ飯……これぞホンモノの「たこパ」
吸盤にチューチューされないよーにがんばってきます

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://1-5-9.jugem.jp/trackback/134
TRACKBACK